So-net無料ブログ作成

白糸の滝(糸島市)でヤマメを釣って食べよう!! [遊びスポット]

4月も10日ぐらいまでは寒かったのに、あっという間に桜が咲き、そして散り、過ごしやすい時期になりました。


010.JPG

009.JPG



これからの時期はアウトドアでの遊びドライブがてらに観光スポットに行くのに最適なシーズンです。



話は変わるのですが、あなたは本格的な渓流釣りでヤマメを釣ったことがあるでしょうか?



一般的にはウェーダーという胸元まであるゴム長靴を履いて、川底の石まで透けて見えるようなきれいな川で、川面に姿を見せないようにしながら、どんどん上流へと釣り歩くスタイルがヤマメ釣りです。



ヤマメは警戒心が強く、初心者だと1匹も釣れないこともあるほど釣るのが難しい魚の一つで、それがために虜になる渓流釣りファンも多いのです。



憧れの尺ヤマメやサクラマス化した銀化ヤマメを求めて休み毎に渓流・源流に入る釣り人も少なくありません。



しかもその美しさから川の女王だとか川の宝石と呼ばれるヤマメですが、釣ってみたいけど、どこに釣りに言ったら良いのか分らないし、どんな釣り方をすれば良いのかも分らないはずです。


渓流釣りマニアになる!!と言うのであれば話は別ですが、透き通った渓流でヤマメ釣りを体験してみたいという方にもってこいの場所が糸島市の白糸の滝なんです。





白糸の滝のマイナスイオンを浴びながらヤマメを釣って、塩焼きにして食べればご家族で良い想い出となるはずです。



もちろん天然の釣堀だから有料なんですが、竿1本に付きエサ付きで2000円



エサはミミズなどではなくエビのムキ身だから、女性やお子さんでもハリに刺すことができる。



2000円で4匹まで釣る事が出来て、それ以上釣れば1匹ごとに300円の徴収。



デートで行く時は4匹までに止めておくのもコツ。^^;



更に、1匹あたり100円を出せばその場で塩焼きが食べれる。
(自分が釣ったヤマメではないけど・・・)



つまり、デートする時は4匹ヤマメを釣って、2匹ずつ塩焼きを食べると2400円となる。



全く釣りをしたことがない方でも釣れるので良い想い出になりませんか?



売店ではおにぎりや焼き団子も販売していますし、すぐ近くの「四季の茶屋」では、ヤマメのせごしが食べれて、蕎麦打ち体験もできる。
(「せごし」とはブツ切りの刺身)



ゴールデンウィークは観光客も多いはずだから、平日を狙っていくのがお薦め。



6月にはアジサイも咲いてきれいだし、夏場はそうめん流しもやります。



ご家族でどこに行こうかな~??とか、デートでどこに行こうかな~??と悩んでいる方にはお薦めのスポットです。














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0