So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

福岡の父の日のプレゼント事情に思うこと [プレゼント]

福岡に限らず全国的に父の日がデフレ傾向になっているらしい。



つまり、父の日にプレゼントする金額が下落傾向にあるらしい。(涙)



近頃の若者は堅実ですし、無理して高価な物を贈ってかえって気を遣わせることなども配慮しているそうです。



また、プレゼントを貰うお父さんの年齢やプレゼントするお子さんの年齢によっても大きく違うことは容易に想像できますよね?



中学生ぐらいの娘さんが「中洲に飲みに連れて行ってあげる!!」なんて・・・絶対に言わないはずです。



また40歳ぐらいの息子さんがお父さんの似顔絵をクレヨンで描いてプレゼントするなどと言うのも、お父さんにすれば、「うちの息子は大丈夫なのか?」と思ってしまいますよね?


img0231.jpg
「提供:福岡市」



中学生ぐらいの娘さんが「一緒に動植物園に連れて行ってお昼を奢るから・・・」なんていうのは可愛らしいプレゼントだと思います。



実は、プレゼントは結構難しいものです。



貰うほうは、紋切り型の社交辞令よろしく「ありがとう!」と言いますが、内心は分りません。



本当は「こげなもん・・・いらん・・バイ!!」と、思っているかもしれないのです。



プレゼントするんでしたら、本当に喜んでくれるものを贈りたいのは誰もが思うことなはず。



これには、父の日頃の言動の観察力や洞察力が求められます。



観察力や洞察力が優れていないと、推察力は働きません。



贈る側も、贈られる側も十人十色なんです。



ちなみに人気があるネットショップではこの様なモノが人気があります。
父の日ギフトランキング


これを見て参考になるかどうかは、人によって違うはずです。



料理をしない父親に出刃包丁などプレゼントしたら、どう思うでしょうか?(爆)



例えば、30歳を過ぎて今まで彼女がいなかった息子さんが、「俺、金ないけど彼女ができたけん、父の日に連れてくるけん、それが父の日プレゼントたい!」と言われたら、凡百の数万円するようなプレゼントよりも嬉しくないですか?



私だったら、5000円程度のワケの分からんプレゼントを貰うより数十倍嬉しいです。



金額ではありません



プレゼントは相手が喜ぶモノばかりではないはずです。



それを察する気持ちが何よりも大切ではないでしょうか?



あるデパートの包装紙に包まれた数万円もしそうなプレゼントが、必ずしもありがたいとも思えません。



父の日や母の日は、「父母が何を望んで、何を期待しているのか」を察する良い機会でもあります。



節目節目を考える良い機会でもあるのではないでしょうか?



スポンサードリンク























nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。