So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク
グルメ ブログトップ

レッドマンは博多区三筑の行列が出来るステーキ屋さん [グルメ]

職場の方からリーズナブルで美味しいステーキ屋さんが博多区にあると聞いて行ったのが、博多区三筑にあるレッドマン麦野店。


005.JPG


いかにもステーキ屋さんらしい外観の建物です。


004.JPG


入り口には看板と牛の像がありました。



人気のランチがこちら。
006.JPG
税込価格980円の、
・サーロインステーキランチ
・ハンバーグ&カントリーステーキランチ



お昼時は30ぐらい待つのが当たり前!と、聞いていたんですが、まさにその通りでした。


007.JPG


店内もステーキ屋さんらしいカントリー風



店員さんもカウボーイハットにジーンズ姿でバンダナを首に巻いていました。



こちらがサーロインステーキランチ。
008.JPG


こちらがハンバーグ&カントリーステーキランチ。
009.JPG


妻と交互に食べましたが、どちらもご飯と味噌汁とサラダがついていて、ご飯は大盛りにできます。



これで980円だったら、文句は言えませんし、店員さんの接客もナイスです。



7月には二又瀬店もオープンするとの告知が店内にされていました。



リーズナブルなお値段でステーキが食べたくなった時は、レッドマン麦野店はおススメです。



ランチタイムは予約は出来ませんが、参考のために電話番号は092-582-6874 です。



スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日本一旨いと言われる吉塚うなぎ屋を超える蒲焼を自分で作ろう! [グルメ]

食通で有名なタモリさんが「日本一旨いウナギ」と絶賛するのが吉塚うなぎ屋


79816cb56d18-e2fb-4392-ac27-22454824de3d_l.jpg
RETRIP


1873年の創業と言いますから、博多では知らない人はいないほどの老舗中の老舗です。


あのミシュランにも掲載された絶品うな重が食べれるお店です。


門外不出と呼ばれる秘伝のタレと独自の焼き方は吉塚うなぎ屋ならではのふっくらとした仕上がりとうなぎそのものの味を堪能できることでも知られています。


土用と言えばウナギや「う」のつく食べ物を連想する方は多いと思います。


・うどん
・梅干
・瓜(うり)
・牛
・馬
・・・・などもウナギ以外に夏バテ防止に効果があるとされています。


土用の丑の日にウナギを食べるようになった謂れ「平賀源内が・・・・、」などと言うことは今日では多くの方がご存知ですが、うなぎの旬について少し言及しますと、ウナギは夏が旬の魚ではないのです。


ウナギの旬が冬と言われていることを知っている方でも、1月、2月にウナギが釣れるのか?と釣りをする方なら疑問に思うはずです。


基本的にウナギは水温が下がる冬場は泥の中で冬眠すると言われています。


冬眠しないウナギもいるようですが、タダでさえ少なくなったウナギを冬場に釣りのはなかなか至難の業です。


実はウナギが一番おいしいとされるのは、秋口の冬眠に備えて荒食いをする10月から12月にかけての下りウナギと言われる時期なんです。


驚かれる方もいるかもしれませんが、激減してレッドデターブックに載るほどの天然ウナギは福岡市内でも結構簡単に釣れるんです。



無題.png
博多湾~ここなら釣れる!




福岡ボートが見える那珂川の河口付近が有名です。



那珂川の河口や御笠川の河口では、例年梅雨時期ぐらいから地元の釣り人が自転車に釣竿を乗せてウナギ釣りをしている姿が見られます。



ウナギ釣りは雨が降った翌日の夜釣りが良いとされています。



仕掛けも簡単ですし、釣具も投げ釣り用のタックルであれば高価なモノは要りません。



エサもすぐ近くに釣具屋さんがありますから、歩いていけます。



自分で釣ったウナギを捌いて、焼いて、蒲焼を作るのです。


ウナギのかば焼きを自分で作る??と驚く方もおられるかもいるかもしれませんが、なんでも自分でやればそれなりのものが出来ます。


特にネット環境が整っている方であれば、You Tubeで調べると捌き方、焼き方、タレの作り方が分ります。


商売として人からお金を頂いて蒲焼を作るワケではありませんから、自分でウナギを釣って、捌いて、焼いたウナギで蒲焼を作れば「感無量の味」がします。


タモリさんが絶賛してくれなくても、ミシュランに載らなくても、他では食べれないウナギの蒲焼にチャレンジしてみませんか?


スポンサードリンク
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

天神地下街の行列が出来るアップルパイの店「RINGO」 [グルメ]

私はアップルパイがとても好きです。


だからどうした?と言われると話が続きませんので、我慢して記事を読んで下さい。


これまでもいろいろなお店のアップルパイを食べてきましたが、笑われるかもしれませんが、コスパを考えると、口が安っぽくできているのかもしれませんが、これに勝るアップルパイはなかなかないのでは?と思うのがヤマザキのアップルパイです。


スーパーでも、コンビにでも、ドラッグストアーでも販売されている例のヤマザキのアップルパイです。^^;


私はドライブに行く時も、魚釣りに行く時も必ず持参するほどのファンなのですが、それにはワケもあるんです。


自宅のリビングで随分昔にこのヤマザキのアップルパイを食べていたら、ポロポロ・・とパイ生地が床に散乱し、キレイ好きの妻が大激怒!!(涙)


以来、自宅でヤマザキのアップルパイを食べることを禁止されてしまったのです。^^;



後から掃除機で吸い取ればいいやん!!」と私が言うと、妻が「誰が掃除機をかけるん??!!」と、腰に手をあれて仁王立ち。



でもって、クルマの中だとか、屋外だとか、職場では良く食べるので、職場の仲間達からは私の誕生日のプレゼントはヤマザキのアップルパイとミニサラダ一番で決まり!!などと冷やかされてもいます。
(ミニサラダ一番も大好物です!)



もちろん、いろいろなお店のアップルパイも食べます。



値段も良くて、美味しいのはある意味当たり前だと思うのです。



ですが、あまり詳しくは書けませんが、値段のワリにクソまずいアップルパイもあるんです。



自家製無農薬リンゴ使用で手作り・・・などとの口コミで買ったアップルパイの不味いこと、不味いこと!!



あまり大きくないワンホールが2000円以上したんですが、マジで怒りすら覚えました。



で・・・・・、つい最近職場で若い女の子から「●●さん、天神地下街の行列が出来るアップルパイのお店のアップルパイ食べました??」と聞かれて、「そげなん・・、知らん・・・ばい!」と私が言いますと、呆れたような顔をしたので、お店の名前を聞いて調べました。



「RINGO」という天神地下街にあるアップルパイだけしか販売していないお店なのだそうです。



おまけに動画まで見ました。




能書はともかく、食べてみんとわからん!!とも思いました。



職場のスイーツが好きな若い女性たちは「とっても美味しいですよ~!!」などと言いますから、食べてみたいんですが、30分から1時間ぐらい行列に並ばないと買えないそうです。(涙)



1個370円で、4個だと1400円なのだそうです。



しかも、お一人様4個までしか買えないそうです。


そげなことば聞くと、余計食べたくなるバイ!!


スポンサードリンク


























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

博多駅近くにある「うどん居酒屋 粋(すい)」はイキなのか? [グルメ]

うどん居酒屋なるものが福岡で名乗りを挙げて久しい。



定番のシメがうどんで、いろいろな料理やつまみが食べられると言う新しいスタイル・・だそうである。



うどんも専門店に劣らないこだわりがあるそうだ。



嬉しいね~!!



数あるうどん居酒屋の中でも話題のうどん居酒屋のお店が博多駅近くにある「粋(すい)」と言うお店。
p_main.jpg
「うどん居酒屋 粋(すい)」


考えて見ると、うどん発祥の地は博多だから、尤もと言えば尤もな成り行きかも知れません。


今でもうどんを食べさせてくれる●田藩と言うお店で、30年以上も前に私の先輩が丸天をつまみに●ールを飲んで、アレコレ食べた挙句にうどんをシメに食べていたのを思い出す。


実は丸天も福岡を中心とした食べもので、ごぼう天と並んで他県ではあまりお目にかかれないことを知る福岡市民は案外少ない。


「うそやろ~!!??」と思うかも知れないが、丸天は案外レアなてんぷらなんです。


それはともかく、アルコールが入ると最後のシメがラーメンと言う方も多い。


うどんと言うところが良い気もするが、蕎麦好きからすると「蕎麦居酒屋」のほうが粋(イキ)だろう?などと言う反論もあるかもしれん。


確かに壮かもしれないが、福岡はうどんのほうが似合っている。


出来れば、ゴボ天うどんがよろしい!!


最後にゴボ天うどん食おうや~!と言うのが博多の掟かも。


うどん居酒屋の流れからすると、「ラーメン居酒屋」はそのうち出てくるはず。


でも、餃子、焼飯、●ールにラーメンと言うのがガッツリ系の博多の男の正しいマストオーダーかもしんない。


「餃子、焼飯、●ールにラーメン」と言うのが日本全国の若い男性には人気があるが、それをあえて居酒屋風にしてシメをうどんにするところがややダンディで、大人っぽくて、博多にマッチしているはず。


やっぱ、うどん居酒屋は粋(イキ)ですバイ!!

スポンサードリンク










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

清香園の半道橋店で噂の牛タン定食を食べた感想 [グルメ]

美味しい焼肉チェーン店で知られる清香園の半道橋店に妻と行きましたが、知り合いからお昼のランチは牛タン定食が美味しいと聞いていたので、私は決めうちでそれを注文することに決めていました。



ヤフー地図で調べますと、自宅から6分!?



なぜか、私はこの道をほとんど利用することがないので、まさに灯台下暗しでした。^^;



旧3号線が混んでいたんで、さすがに6分とはいきませんでしたが、10分ぐらいで着きました。
(あんまり、変わらんか~!)^^;



駐車場には15台ぐらい止めるスペースがあったと思います。



全室個室で、綺麗な個室に案内されまして、私は牛タン定食、妻は特選焼肉ランチを注文し、ノンアルコールビールを1本ずつオーダー。



しばらくして牛タン定食が着ましたが、こんな感じです。
001.JPG



牛タンはもちろん美味しい。
002.JPG



さらに感動したのがネギご飯



ご飯に刻んだネギと刻んだ韓国海苔と白ゴマを混ぜてごま油風味で仕上げたネギご飯がバリウマ!!



汁物はワカメスープか味噌汁が選べて、ご飯も汁物も1杯ずつおかわりが出来ます。



味噌汁も美味しいので、ネギご飯も味噌汁もおかわりしました。^^;



妻が頼んだ特選焼肉ランチも美味しかったと喜んでいました。



全室綺麗な個室で、接客も丁寧且つ親切で、凄く良いと思いました。



博多区にお住まいの方は、是非一度清香園の半道橋店で噂の牛タン定食を食べていただきたいと思います。


絶対にガッカリなどしないはずです。



こういう美味しくて接客も良いお店に行くと、ついつい会社の後輩や友人を連れて行きたくなります。



また行きますよ~!!


スポンサードリンク














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

志賀島の中西食堂のさざえ丼は評判どおりの美味しさでした! [グルメ]

前々から気になっていた志賀島の中西食堂のさざえ丼


地図はこちらです。




志賀島には釣りを兼ねてちょくちょく行くのですが、志賀島の手前の西戸崎や大岳あたりから美味しそうな飲食店の看板に釣られてこれまで名前だけは知っていましたが、ついに行ってみました。^^;



037.JPG



志賀島に入ってすぐに志賀海神社に向う商店街から歩いて2分程度の左側に中西食堂がありました!



081.JPG


中西食堂と言うぐらいですから、そんなに広いお店ではありませんが、アットホームな雰囲気が漂っています。


もちろん注文したのはさざえ丼なんですが、壁際を見ると他にもたくさんのメニューがありました!!
076.JPG



078.JPG
さざえ丼は味噌汁とお漬物がついて700円です。



サザエとエビとワカメがとろとろの卵にからんで、磯の香りと旨さが口に広がります。
079.JPG



壁を見ますと、さざえ丼に紅生姜が合うと書かれていましたので、紅生姜を入れてみますと、旨さが倍増!!
080.JPG


お味噌汁はおかわり自由だそうです。



077.JPG
芸能人や著名人の色紙がたくさん貼ってありました。



駐車場はお店の横に1台とお店の斜め前に5台ぐらい止められます。



満車のときは志賀海神社の駐車場まで行って、商店街を散策してみるのも楽しいものです。



お世辞は苦手ですが、中西食堂のさざえ丼は食べてみる価値がありますよ~!!



志賀島にドライブや釣りに行った際は是非ともお試しあれ!!



海水浴シーズンはお客さんが多いでしょうね~。



075.JPG


チャンポンも食べてみたいですね~!!



スポンサードリンク










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

桜あん千鳥饅頭はマイング限定&期間限定 [グルメ]

福岡を代表する饅頭のひとつが千鳥饅頭です。



他にも福岡を代表する饅頭は、

ひよ子

通りもん


がありますが、ずっと昔からあるのが千鳥饅頭とひよ子です。



ひよ子は全国区の銘菓で、地元福岡の銘菓であると知らない人もいるほど有名ですが、同時に千鳥饅頭も同じような傾向にあります。



どこが本家本元なのか分らない!!と言う方もおられますが、美味しければ、そのようなことはどうでもいいんじゃ~ないですか?と慎んで申し上げたい。



で、今回ご紹介する桜あん千鳥饅頭マイング限定でしかも4月23日まで限定のお品なんです。



188_1_m.jpg
マイングより



桜あん千鳥饅頭が食べれるのはここだけなんだそうです。
しかも、焼きたて。



通常の千鳥饅頭が1個110円に対してこちらの桜あん千鳥饅頭は1個120円



自家製餡子の中に塩漬けした桜の葉が練りこんであるのが通常の千鳥饅頭と異なるところ。



焼きたての桜あん千鳥饅頭が食べれるとあって大人気。



季節感を感じさせる桜あん千鳥饅頭を買って近くの山王公園でお花見なんで、いいんじゃ~ないですか?



話は千鳥饅頭ではなくて、チロリアンなんだけど、最近はいろいろなチロリアンが発売されていることに驚かされます。



かれこれ●十年前、テレビCMをみて亡母に「チロリアンが食べてぇ~!!」と言うと、七●製菓のフ●ンチパピ●を買って来てくれていました。



「これ違う!!」と私が抗議すると、「黙って食べときんしゃい!!」と、叱咤されたものです。



なので、本物のチロリアンを食べた時の感動が今でも忘れられません!!



裕福な家庭ではなかったので、チロリアンを食べさせたくても買ってやれなかった亡母の気持ちを察する年齢になりました。



すまんかったねぇ~。かあさん、困らせて・・・」と謝罪したい気持ちになるんです。



と言うわけで、私は今でもチロリアンも七●製菓のフ●ンチパピ●を口にすると、幼い頃の母に言った我儘を恥じる気持ちになります。



今ではどちらも大好きです。



お菓子ってがあるんです。



子供心に「買えない、買ってくれない」のが分っているから、大人になったら買ってやる!!と言う気持ちが芽生えます。



と言うわけで、チロリアンに執着心のある私のつまらないお話でしたが、マイングの桜あん千鳥饅頭・・・食べてみたいですね~!!



スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

カナギちりめんや親カナギ・イカナゴの釘煮は今年も食べられないのか? [グルメ]

関西で今の時期に良く食べられる風物詩の一つがイカナゴの釘煮



瀬戸内の淡路島周辺でよく獲れることで有名なのですが、年々漁獲高が減ってきているらしい。



九州でも関西出身の型で、この時期はイカナゴの釘煮を親族や知人に送ってもらっている方も多いはずなのですが、今年は不漁だった昨年に輪をかけるような絶不漁らしい。(涙)


005.jpg



博多ではイカナゴのことをカナギと言う。



イカナゴの棲息区域の南限は玄界灘である」と随分昔聞いたことがあり、事実15年前ぐらいは玄界灘でもカナギはいくらでも獲れていた。



2~3センチの稚魚の頃のカナギはカナギちりめんとして春先には良く食べられていたものです。



中でも、「赤バラ」と呼ばれる赤いプランクトンを食べたカナギの稚魚のちりめんはすこぶる美味しくて、玄界灘の春のめぐみを感じさせる逸品でもあった。



博多ではなぜか釘煮を作らなくて、ある程度成長したカナギを生干しした親カナギが好まれる。


GEDC4097.jpg


まだうすら寒い時期なので、ストーブの上で何匹かづつ焼いて食べるのがこの時期特有の風物詩でもあった。


旨さも折り紙つきだったし、価格の安さも折り紙つきでした。



乾物屋さんやスーパーなどでは100グラム100円ぐらいで売られていたので、春先の庶民的な味として親しまれてもいた。



ところが、私のような凡夫では理解し難いが、今からおよそ12年前の玄界沖地震(福岡県西方沖地震)ぐらいからカナギが激減した。



家屋等が倒壊した玄界島の漁師さんたちは、このカナギをエサにしていろいろな魚を釣って生計を立てていた方が多かったと聞く。



地震の影響なのか、地球温暖化が原因で水温が上昇したためか、この玄界沖地震(福岡県西方沖地震)を境に玄界灘ではカナギの全面禁漁が続いています。



春の庶民の食卓に欠かせないカナギは、魚たちのエサでもあり、カナギが少なくなってから玄界灘の魚も少なくなったと言う漁師も多い。



魚はエサとともに移動するが、人間はカナギの移動によって引っ越すわけにもいかない。



たくさん獲れていたときはあまり有難みを感じたことがなかったのですが、ここまで口に入らないと余計に食べたくなります。



このままずっと玄界灘ではカナギは全面禁漁が続くのでしょうか?



だからと言って、漁獲高が少ないから100グラム1000円などと言われても困りますよね。



赤バラのカナギちりめんや親カナギをたらふく食べたい!!



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
グルメ ブログトップ